ひなげしの育て方(一例)

シャーレ―ポピー

別名:虞美人草

科名:ケシ科

原産地:ヨーロッパ

原産地の気候:夏は冷涼で冬の寒さはそれほど厳しくなく温暖。この地域原産の1年草を日本の一般平坦地でそだてる場合、秋にタネをまき、敷きわらや軽く霜よけなどをして越冬させ翌年春に花を咲かせます。

栽培環境:日当たりと水はけの良い場所を好みます 。特に過湿に弱いので降雨の後水がたまるような場所は避けます。

弱耐寒性一年草

発芽適温:15~20℃前後

生育適温:5~20℃前後

利用方法:花壇、プランター

タネまき~植えつけ

植え付け場所の準備

日当たりと水はけの良い場所に、植え付けの2週間ほど前に苦土石灰又は有機石灰を1㎡当たり100g程をすきこみ土とよく混和させます。1週間程前に腐葉土や完熟堆肥を1㎡あたり3kg程度と、30g~50g程度の緩効性肥料をすき込んでおく、鉢やコンテナに植え付ける場合は市販の草花用培養土を利用すると良い。

種まき

種まき時期:9月~10月秋まき、寒さの厳しい地域では春まき

種まき方法

・育苗ポットにタネ蒔き培土を詰める(市販の培養土を使うと便利)

☆point 培養土は湿らせておく

(手のひらでギュっと握りしめるとある程度は固まり、

そのかたまりを指先でつつくと簡単にほろりと崩れる位の湿り気を持った状態が良い。)




ビニールポットなどに八分目位まで培養土を入れる


土の表面に指の腹で4~5か所に等間隔で窪みをつける


(ひなげしのタネ)


窪みに4~5粒ずつタネをまく


タネが細かく、光好性種子なので覆土はしません。

土とタネが密着するように、手のひらなどで上から軽くおさえ土と馴染ませる。


タネまき当日は、霧吹きで表面を湿らせる程度とします。


翌日、水を張った容器などに入れ鉢の底から水を吸わせる(底面吸水)


発芽適温は15~20℃前後。2週間後位から芽が出てくる。


多湿に弱い為、発芽後は底面吸水を止め、

鉢土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをします。

※鉢土の表面が乾くまでは水やりしません。

本葉がのぞいたら1かたまりずつフォーク等ですくって別のポットに植え替えます。

※移植を嫌うため、出来るだけ根を傷つけないように注意します。




本葉4~5枚の頃、20~30cm間隔で植え付けます。

※植え付けの際、根鉢をくずさないように注意します。


植え付け後の管理

水やり

多湿により根腐れを起こしやすく、乾燥気味に管理します。

地植えの場合は根付いてからの水やりは必要ありません。

プランターなどで育てる場合は土の表面が乾いたらたっぷりと水やりします。

追肥

基本的には追肥の必要はありませんが、葉の緑色が淡くなったら少量ずつ補う。

越冬

寒さには比較的強い方ですが、霜よけ、敷きわらなどがあればよりよい。

寒さの厳しい地域では春まきとします。

開花

秋まきの場合翌年5月ごろから


花びらが散ってきたら早めに花がらを摘み取ると開花期間が若干長くなります。