準備するもの

・タネ

・プランターなど栽培容器(ここでは内寸巾25cm×奥行11cm×深さ9cm 容量 約2.5リットルのミニプランターを使用しています。)

・用土(市販の培養土を利用すると便利。)

・土入れ

・ジョウロ、霧吹き

・ペットボトルなどのフタ(あると便利)


 

土を詰める

ポイント 培養土は湿らせておく

(手のひらでギュっと握りしめるとある程度は固まり、そのかたまりを指先でつつくと簡単にほろりと崩れる位の湿り気を持った状態の培養土が良い。)


 

栽培容器の縁から2cm位あけて用土を詰める。


 

タネをまく

用土にペットボトルのフタなどを押し付けて、

5cmほどの間隔で深さ0.5cmほどのまき穴を3ヶ所作る

 深くなり過ぎないように


小さなタネは紙を三角に折ったものにタネを少量ずつ移し取ってまくとまきやすい。


 

まき穴1ヶ所につき5~10粒タネをまく。


 

まき穴の周りの土を寄せてタネが隠れる程度の深さで土をかける

 深く埋めすぎないように


 

ポイント タネと土を密着させるように手で押さえる


 

タネまき後は霧吹きで土の表面を湿らせる。


タネまきの翌日ジョウロでたっぷり水をやる。


適温で管理した場合でも発芽まで2~3週間かかります。

ポイント 水の与えすぎは厳禁。

水を与えすぎると、タネが腐って発芽しなかったり、せっかく発芽しても根腐れを起こしてしまいます。水やりは土の表面が乾いたら行う。

但し、土の乾きすぎにも注意して下さい。

 

間引き・追肥

子葉が開いた頃から、隣同士の葉と葉が触れ合わない程度に順次間引く


本葉2~3枚の頃1ヶ所1本にする。


この頃から10~15日に1回位、水やりをかねて液肥を施す。

 

収穫

葉が10枚以上になったら外側の葉から摘み取って収穫する