黒種十六ささげの育て方(一例)

分類:マメ科

原産地:アフリカ エチオピアが起源とされる

発芽適温:20~25℃前後

生育適温:15~25℃前後

栽培の要点

・マメ科の連作は避ける。

・寒さに弱いので地面の温度が低い時期のタネまきは避け、

遅霜の心配がなくなり、十分暖かくなってから作付する。

・発芽直後は鳥に食べられやすい為、鳥除けをしておく。

・窒素肥料分は少なめに施す。

・タネまき前にタネを水に浸さない。

・水をやりすぎるとタネが腐り、発芽しません。特に、地温が低い時期のタネまきでは顕著です。

畑の準備

タネまきの2週間以上前に1㎡当たり100~150gの苦土石灰を全面に散布して耕し土と混和させます。

苦土石灰の代わりに有機質石灰(カキ殻石灰・貝化石)150~200gを使用してもよいでしょう。

(効果が穏やかで多少多めに施してしまっても作物への影響が少ない。)



1週間位前に完熟たい肥を1㎡あたり2~3kg、

化成肥料(8-8-8または10-10-10:チッソ・リン酸・カリの各成分をそれぞれ8~10%含む)を

1㎡あたり50~100g施してよく耕す。




60~80cm幅のウネを作ります。

60~80cm幅に、目印となる紐を張り、紐の両側からクワなどで土を寄せ上げる。

※水はけの悪い圃場はウネを高くして排水性を高める。


表面を平らにならす


目的に応じてマルチフィルムを張る。


※マルチフィルムは必ずしも必要はありませんが、利用することにより、

地温の調節、雑草の防止、土壌水分の保持、雨水の跳ね上がり防止による病気感染の予防などの効果が期待できます。

マルチフィルムを張る時は土が十分湿った状態の時が良い。(出来れば雨が降った翌日)

※農業用マルチフィルムの主な種類と効果 :目的によって使い分けます。

・透明マルチ:地温を上げる効果は最も高いが雑草生育を防ぐ効果はない。

・黒色マルチ:地温を上げる、雑草生育を防ぐ。

・シルバーストライプ黒色マルチ:地温を上げる、アブラムシやアザミウマなど害虫の飛来抑制

・シルバーマルチ:地温上昇を抑制、アブラムシやアザミウマなど害虫の飛来抑制

・白黒マルチ:地温上昇を抑制、雑草生育を防ぐ

・有孔マルチ:あらかじめ植え穴があいているマルチフィルム

(条数や植穴の間隔、穴の大きさなど様々な規格のものがあり栽培する野菜の種類によって使い分ける事が出来る。)

タネまき

※遅霜の心配がなくなり、十分暖かくなってからタネをまきましょう。

たねまきの前日、30~40cm間隔でポリマルチにまき穴を開け、たっぷりと水をかけて土を湿らせておきます。

(マルチを使用しない場合もウネにたっぷりと水をかけて土を湿らせておきます。ペットボトルなどを押しつけてまき穴を作ります。)


まき穴に3~4粒のタネを約2cm間隔で置く


人差し指の第一関節くらいまでタネを押し込む(2~3cm程の深さ)


 土をかぶせたら土とタネが密着するように上からかるく押さえつけます。


※土が湿った状態なら、たねまき直後の水やりは行わないようにして下さい。

豆類のタネは、土が湿りすぎていると腐りやすいので、水のやり過ぎによる過湿には注意が必要です

ポリポットで育苗する場合も同様の操作でタネをまく。

適期のタネまきで発芽まで5~10日。


間引き・植え付け

本葉2枚位の頃、生育の良いもの2本残して間引きます。

(ポットまきでは本葉が2~3枚になったら定植します。)

※タネまきからこの位までは鳥害に注意して下さい。

支柱立て

草丈が20cm程になったら高さ1.8~2m程の支柱を立て、

ネットなどを張ってつるが絡みやすいようにする。


つるが伸びてきたらネットに絡めてやる


追肥

花が咲いて莢が着き始めたら、草勢を見ながら必要に応じて、

チッソ・リン酸・カリの各成分をそれぞれ8~10%含む化成肥料を1㎡あたり30g程度施す。

※肥料の与え過ぎは、過繁茂や着果不良に原因になりかねないので追肥は適度に行う。



収穫

若さやで利用する場合、莢の長さが30cm位から収穫を開始し、

莢がやわらかいうちに収穫します。豆のふくらみ莢が太くなってくると食味も落ちます。