木曽紫カブの育て方(1例)

アブラナ科アブラナ属

原産地:アフガニスタン、地中海沿岸

発芽地温15~25

生育適温15~20

注意点

①根こぶ病を回避するためにアブラナ科の連作は避ける。

②土壌水分が少ないと蕪の形が悪くなるので良質な有機物を施用するなど土壌水分を適度に保つことができる土づくりに努める。

畑の準備

タネまきの2週間以上前に1㎡当たり100~150gの苦土石灰を全面に散布して耕して土と混和させます。

苦土石灰の代わりにカキ殻石灰(有機質石灰)を使用してもよいでしょう。

(効果が穏やかで多少多めに施してしまっても作物への影響が少ない。)



タネまきの1週間位前までに、完熟たい肥を1㎡あたり2~3kg、チッソ・リン酸・カリの各成分をそれぞれ8~10%含む化成肥料を1㎡あたり100~150g程度を全面に施してよく耕し、約60cm幅の畝を作ります。




約60cm幅に、目印となる紐を張り、紐の両側からクワなどで土を寄せ上げる。

※水はけの悪い圃場はウネを高くする。



表面を平らにならす



必要に応じて黒ポリマルチを張る。


※黒ポリマルチは必ずしも必要はありませんが、利用することにより、雑草の防止、土壌水分の保持、雨水の跳ね上がり防止による病気感染の予防などの効果が期待できます。黒ポリマルチを張る時は土が十分湿った状態の時が良い。(出来れば雨が降った翌日)

タネまき

たねまきの前日、ウネにたっぷりと水をかけて土を湿らせておきます。


支柱などの棒を土に押し付けて深さ1cm程のまき溝をつける。(条間20~25cm)

黒ポリマルチ使用の場合は20~25cm間隔でまき穴を開ける


タネを1~2cm間隔にまく。(黒ポリマルチ使用の場合はまき穴に5~6粒まく。)



0.5~1cmほど土を被せたら、土とタネが密着するように上からかるく押さえつける。




※土が湿った状態なら水やりは翌日行う。過湿状態は発芽不良の原因となりますので注意して下さい。

間引き

タネまき後4~7日で発芽。本葉1~2枚の頃、子葉の形が悪いものを間引く。

(すじまきの場合は間引いて株間2~3cm程とする)


本葉3~4枚の頃2~3株に間引く

(すじまきの場合は間引いて 株間5~6cm程とする)


本葉5~6枚で1株に間引く。

(すじまきの場合は間引いて 株間15~20cm程とする)



追肥

最終間引きの時、必要に応じて追肥します。

化成肥料(8-8-8)を1㎡あたり20~30g程度。株間か条間に施し、株元に軽く土寄せを行う。

収穫

タネまきからおよそ50日位から、

カブの直径7~10cm前後をおよその目安として収穫します。