ビーツの育て方(1例)

アカザ科

発芽地温15~25

生育適温15~25

注意点

①ホウレン草、ふだん草、スイスチャードなどアカザ科作物との連作は避ける。

②収穫が遅れると繊維質が増えて食味が悪くなるので適期収穫を心がける。

畑の準備

タネまきの2週間以上前に1㎡当たり150~200gの苦土石灰を全面に散布して耕して土と混和させます。

苦土石灰の代わりにカキ殻石灰(有機質石灰)を使用してもよいでしょう。(効果が穏やかで多少多めに施してしまっても作物への影響が少ない。)


苦土石灰を1㎡あたり150~200g施し、耕して土と混和させる。

タネまきの1週間位前までに、完熟たい肥を1㎡あたり2~3kg、チッソ・リン酸・カリの各成分をそれぞれ8~10%含む化成肥料を1㎡あたり100~150g程度を全面に施してよく耕し、約60cm幅の畝を作ります。

約60cm幅に、目印となる紐を張り、紐の両側からクワなどで土を寄せ上げる。

※水はけの悪い圃場はウネを高くする。


表面を平らにならす



必要に応じてポリマルチを張る。


※ポリマルチは必ずしも必要はありませんが、利用することにより、雑草の防止、土壌水分の保持、雨水の跳ね上がり防止による病気感染の予防などの効果が期待できます。黒ポリマルチを張る時は土が十分湿った状態の時が良い。(出来れば雨が降った翌日)

タネまき

たねまきの前日、ウネにたっぷりと水をかけて土を湿らせておきます。

支柱などの棒を土に押し付けて深さ1~2cm程のまき溝をつける。(条間20~30cm)


ポリマルチ使用の場合は10~15cm間隔でまき穴を開ける


タネを2~3cm間隔でまく。(ポリマルチ使用の場合はまき穴に4~5粒まく。)


1~2cmほど土を被せたら、土とタネが密着するように上からかるく押さえつける。



※土が湿った状態なら水やりは行わないようにして下さい。過湿状態になるとタネが腐ってしまい発芽不良の原因となりますので注意して下さい。

間引き

タネまき後7~10日で発芽。本葉の出初めの頃1回目の間引き。

子葉の形が悪いものなどを間引き2~3cm間隔にする

※ビーツは1個のタネから数本の芽が出る為、1回目の間引きが遅れると徒長気味になってしまう。

※同様の理由で、1回目の間引きは引き抜くと周辺の数本が一緒に抜けてしまうので、ハサミなどで切り取る。


生長に伴い適宜間引き、本葉4~5枚の頃までに株と株の間隔(株間)が10cm程度となるように間引く

(まき穴にまいた場合は、1ヶ所に1本残るように間引く)



追肥

最終間引きの時、必要に応じて追肥します。

チッソ・リン酸・カリの各成分をそれぞれ8~10%含む化成肥料を1㎡あたり50g程度。株間か条間に施し、株元に軽く土寄せを行う。

収穫

タネまき後50~60日程で根部の直径が3~4cmになった位から収穫を始め、7cm位までが収穫適期。

それ以上大きくなると繊維質が増えて食味が低下してしまう為、適期収穫を心がける。

外見はあまり良くないが、切り口は赤い年輪のような模様が入る。

ビーツは皮つきのまま弱火でじっくりやわらかくなるまでゆで、冷めてから皮をむいて様々な料理に使用する。