春まき新山東菜の育て方(1例)

アブラナ科

発芽適温15~25前後

生育適温15~25前後

注意点

・根こぶ病を回避するためにアブラナ科の連作は避ける。

・害虫が多いので適切な方法で防除する。

畑の準備

タネまきの2週間以上前に1㎡当たり100gほどの苦土石灰を全面に散布して耕して土と混和させる。

苦土石灰の代わりにカキ殻石灰(有機質石灰)を使用してもよいでしょう。(効果が穏やかで多少多めに施してしまっても作物への影響が少ない。)



1週間位前に完熟たい肥を1㎡あたり2~3kg、化成肥料(8-8-8または10-10-10)(チッソ・リン酸・カリの各成分をそれぞれ8~10%含む)を1㎡あたり100gほど施してよく耕す。




50~70cm幅のウネを作ります。

50~70cm幅に、目印となる紐を張り、紐の両側からクワなどで土を寄せ上げる。

※水はけの悪い圃場はウネを高くして排水性を高める。



表面を平らにならす


目的に応じてマルチフィルムを張る。


※マルチフィルムは必ずしも必要はありませんが、利用することにより、地温の調節、雑草の防止、土壌水分の保持、雨水の跳ね上がり防止による病気感染の予防などの効果が期待できます。マルチフィルムを張る時は土が十分湿った状態の時が良い。(出来れば雨が降った翌日)

※農業用マルチフィルムの主な種類と効果 :目的によって使い分けます。

・透明マルチ:地温を上げる効果は最も高いが雑草生育を防ぐ効果はない。

・黒色マルチ:地温を上げる、雑草生育を防ぐ。

・シルバーストライプ黒色マルチ:地温を上げる、アブラムシやアザミウマなど害虫の飛来抑制

・シルバーマルチ:地温上昇を抑制、アブラムシやアザミウマなど害虫の飛来抑制

・白黒マルチ:地温上昇を抑制、雑草生育を防ぐ

・有孔マルチ:あらかじめ植え穴があいているマルチフィルム

(条数や植穴の間隔、穴の大きさなど様々な規格のものがあり栽培する野菜の種類によって使い分ける事が出来る。)

タネまき

たねまきの前日、ウネにたっぷりと水をかけて土を湿らせておきます。


支柱などの棒を土に押し付けて深さ0.5~1cm程の浅いまき溝をつける。(条間10~15cm)


タネを約1cm間隔にまく。


まき溝の両側の土をつまむような要領で0.5cmほど土を被せ、土とタネが密着するように上からかるく押さえつける。



※土が湿った状態なら水やりは行わない。土の表面が乾いたら水やりをする。

過湿状態になるとタネが腐ってしまい発芽不良の原因となりますので注意して下さい。

間引き

タネまき後3~5日で発芽。子葉の形などが悪いものを間引く。


こまめに条間の草取りを行い、根元に軽く土寄せをする。




間引き・収穫

草丈10~15cm位になった頃から間引きを兼ねて抜き取り収穫。

1株おきに収穫するとよい



追肥

1㎡あたり化成肥料(8-8-8)20~30gを条間に施し、土と混ぜ合わせながら根元に土を寄せる。





収穫時期が遅れると葉が固くなってきます、草丈25cm前後までに収穫を終えましょう。


生育が早く短期間で収穫できるので、10日~2週間程度の間隔で少しずつタネを蒔いていくと長期間収穫を続けることが出来ます。

天候が不安定な早春まきの場合、低温に遭遇してトウ立ちしてしまうことがありますが、トウ立ち菜もおいしく頂くことが出来ます。