ひとみ五寸人参の育て方(1例)

セリ科

発芽適温15~25℃

生育適温15~25℃

注意点

・発芽までは適湿を保つ。

・初期生育が遅い為、雑草に負けないようにこまめに除草。

畑の準備

タネまきの2週間以上前に1㎡当たり100~150gほどの苦土石灰を全面に散布して耕して土と混和させます。

苦土石灰の代わりにカキ殻石灰(有機質石灰)150~200gを使用してもよいでしょう。

(効果が穏やかで多少多めに施してしまっても作物への影響が少ない。)



タネまきの1週間位前までに、牛糞、バーク等の完熟たい肥を1㎡あたり2~3kg、

チッソ・リン酸・カリの各成分をそれぞれ8~10%含む化成肥料を

1㎡あたり100g程度全面に施して30cm程の深さでよく耕す。





幅60cm程の畝を作ります。

目標とするウネ幅で、目印となる紐を張り、紐の両側からクワなどで土を寄せ上げる。

※水はけの悪い畑はウネを高くする。


表面を平らにならす



目的に応じてマルチフィルムを張る。


※マルチフィルムは必ずしも必要はありませんが、利用することにより、雑草の防止、
土壌水分の保持、雨水の跳ね上がり防止による病気感染の予防などの効果が期待できます。
マルチフィルムを張る時は土が十分湿った状態の時が良い。(出来れば雨が降った翌日)

※農業用マルチフィルムの主な種類と効果

・透明マルチ:地温確保効果は最も高いが雑草抑制効果はない。

・黒色マルチ:地温確保、雑草抑制。

・シルバーストライプ黒色マルチ:地温確保、アブラムシやアザミウマなど害虫の飛来抑制

・シルバーマルチ:地温上昇を抑制、アブラムシやアザミウマなど害虫の飛来抑制

・白黒マルチ:地温上昇を抑制、雑草抑制

タネまき

たねまきの前日、ウネにたっぷりと水をかけて土を湿らせておきます。

○点まき

・株間 約10cm間隔、条間 20~30cmで1ヶ所に5~10粒タネをまく。

※ここでは地温上昇抑制・雑草抑制・土壌水分の保持の目的で
白色ポリマルチを使用している。ポリマルチは無くても良い。


・タネがやっと隠れる程度の深さ(0.5cmくらい)に土をかける。

・手のひらで押さえつけて、タネと土とを密着させる。【大切】

発芽まで土が乾き過ぎないように注意し適宜水やりします。

乾燥を防ぐ目的と、雨などによるタネの流失を防ぐ目的でうねを

敷ワラや不織布で覆って置くのも一つの方法です。(発芽したらただちに取り除きます)


好適環境でタネまきから8日後位から芽が出始める。

※雑草の方が成長が早いのでこまめな除草を心がける。


◎間引き

・1回目 本葉1~2枚の頃、1ヶ所4~5本に間引く。雑草は早目に抜き取る


・2回目 本葉3~4枚の頃、1ヶ所2~3本に間引く。雑草は早目に抜き取る。

・3回目 本葉5~6枚で最終間引き、1ヶ所1本に間引く。


間引き菜は根も葉もやわらかくておいしいので、かき揚げや汁の実などに利用できます。


追肥

2回目の間引きと3回目の間引きの後、

チッソ:リン酸:カリ=8:8:8又は10:10:10の化成肥料を1㎡当たり20~30gを条間にばらまく。

土寄せ

根の肩の部分が土から出たままになっていると、緑色に変色してしまいます。

土寄せをして根が土に埋まる様にしてやると綺麗な人参に仕上がります。

収穫

地上部付近の根の肩の部分の直径が4~5cmに育ったものから順次抜き取り収穫。




○すじまき

たねまきの前日、ウネにたっぷりと水をかけて土を湿らせておきます。


支柱用の棒などを利用して条間30cm位で、深さ5mmくらいのまき溝をつける。


タネが重ならない程度に少し多めにまきつけます。


まき溝の両側の土をつまむような要領でタネがやっと隠れるくらい極薄く土を被せる。

(土を厚くかぶせすぎると発芽が悪くなります。)


タネと土が密着するように手のひらでたたいて鎮圧します。

(土とタネが密着する事により土に含まれる水分がタネに移行し易くなり発芽が促されます。)



タネが流れてしまわないように注意しながら水をたっぷりかけます。

発芽まで土が乾き過ぎないように注意し適宜水やりします。

乾燥を防ぐ目的と、雨などによるタネの流失を防ぐ目的でうねを

敷ワラや不織布で覆って置くのも一つの方法です。(発芽したらただちに取り除きます)

にんじんは初期の生育が比較的遅い為、草に負けないようにこまめに雑草を取り除きます。

間引き

1回目、本葉1~2枚の頃3~4cm間隔を目安に間引く。間引き後は株がぐらつかないように根元に土寄せをします。

2回目、本葉3~4枚の頃5~8cm間隔を目安に間引く。間引き後は株がぐらつかないように根元に土寄せをします。

3回目最終間引き、本葉5〜6枚のころ、10cm以上の間隔になるように間引きます。間引き後は株がぐらつかないように根元に土寄せをします。

追肥

2回目と3回目の間引きの後、化成肥料8-8-8又は10-10-10を1㎡当たり30~50g程度、条間又は畝の肩にばらまき追肥します。

収穫

地上部付近の根の肩の部分の直径が4~5cmに育ったものから順次抜き取り収穫。