久留米けいとうの育て方(一例)

科名:キク科

原産地:インド

原産地の気候:年間を通じて気温が高く降水量も多い。

栽培環境:日当たりと水はけがよい場所を好む。

不耐寒性一年草

発芽適温:25℃前後

生育適温:15~30℃前後

利用方法:花壇、切り花

タネまき~植えつけ

植え付けの2週間以上前に苦土石灰を1㎡あたり100g程度施しすき込む。

1週間程前に腐葉土や完熟堆肥を1㎡あたり4~5kg程度すき込んでおく、

チッソ肥料が多いと花付が悪くなったりするので元肥は控え、生育の様子を見ながら追肥を施す。

鉢やコンテナに植え付ける場合は市販の草花用培養土を利用すると良い。

種まき方法

・育苗ポットにタネ蒔き培土を詰める(市販の培養土を使うと便利)

☆ぽいんと 培養土は湿らせておく

(手のひらでギュっと握りしめるとある程度は固まり、そのかたまりを指先でつつくと簡単にほろりと崩れる位の湿り気を持った状態が良い。)




ビニールポットなどに八分目位まで培養土を入れる


土の表面に指の腹で4~5か所に窪みをつける


(久留米けいとうのタネ)


各くぼみに3~5粒ずつタネをまく


まき穴のフチの土をつまむような要領で、窪みに土を寄せ、タネが隠れるように2~3mmほどの土をかぶせる


土とタネが密着するように、手のひらなどで上から軽くおさえつける


タネまき当日は、霧吹きで表面を湿らせる程度とし、日陰に置く。


翌日ジョウロなどでやさしく水やりします。(水のやり過ぎによる過湿に注意)


発芽適温は25℃前後。10日前後から発芽してくる


発芽後は日当たりと風通しよい場所で育てます。

本葉がのぞいたら根を傷めないように、1かたまりずつフォーク等ですくって別のポットに植え替えます



タネまきから30~40日後、本葉3~5枚の頃、花壇など20~30cm間隔で植え付ける



チッソ肥料が多すぎた為、草丈ばかりが伸びて、花付が悪くなってしまった悪い例。


風で倒れないようにウネを囲うように支柱を立て、ひもを張っておくと良い。