巨大輪ひまわりの育て方(一例)

別名:日輪草

科名:キク科

原産地:北アメリカ

原産地の気候: 熱帯に近い温帯、夏と冬の温度差が大きく、夏は雨が多いが冬は比較的少ない。

この地域原産の植物は日本でも育てやすいものが多い。

栽培環境:日当たりと水はけがよい場所。

不耐寒性一年草

発芽適温:25℃前後

生育適温:15~35℃前後

利用方法:花壇・景観

タネまき~植えつけ

植え付けの2週間以上前に苦土石灰を1㎡あたり100g程度施しすき込む。

1週間程前に腐葉土や完熟堆肥を1㎡あたり3~4kg程度と、

㎡あたり50~100g程度の緩効性肥料をすき込んでおく。

種まき方法

発芽適温が、25℃前後と比較的高い

十分温かくなってからタネまきします。(藤の花が満開のころが目安。)

40~50cm間隔で2~3粒ずつ直まきにするか、

7.5cmポットに1cmほどの深さにタネをまき、

苗を育ててから植えつけます。

春早い時期は天候が不安定なので温度管理しやすいポットまきをおすすめします。

タネまき【育苗】

藤の花が満開の頃からタネまきします。


・育苗ポットにタネ蒔き培土を詰める(市販の培養土を使うと便利)

☆point 培養土は湿らせておく

(手のひらでギュっと握りしめるとある程度は固まり、

そのかたまりを指先でつつくと簡単にほろりと崩れる位の湿り気を持った状態が良い。)



ビニールポットなどに八分目位まで培養土を入れる


指先で深さ1cm程の凹みを付ける


巨大輪ひまわりのタネ


凹みに1粒ずつタネをまく


まき穴のフチの土をつまみ寄せて土をかぶせる


土とタネが密着するように、手のひらなどで上からおさえつける


タネまき当日は、霧吹きで表面を湿らせる程度とし、日陰に置く。


翌日ジョウロなどでやさしく水やりします。

その後は土の表面が乾いてから水やりします

(必ずしも毎日やらなくても良い、水のやり過ぎによる過湿に注意)


発芽適温は25℃前後。好適条件で種まきから1週間後位から発芽して来る。


発芽後は日当たりと風通しよい場所で育てます。

本葉が3~4枚になったころ、日当たりと水はけのよい場所に、40~50cm間隔で植えつけます。




風で倒れないように、支柱を立て倒伏を防止します。