スターチスの育て方

別名:リモニウム・浜はなさじ

科名:イソマツ科

原産地:地中海沿岸

原産地の気候区分 地中海性気候:夏は日差しが強く乾燥する、冬は温暖。降水量は夏少なく、冬に増えるが年間降水量は比較的少ない。

栽培環境:日当たりと水はけのよい場所を好む。酸性土壌を嫌う。

     弱耐寒性一年草

     厳しい寒さは苦手だが、軽い霜程度なら耐える。

          日本の夏の高温多湿は苦手。

          乾燥した環境を好む。過湿には弱いので、水のやりすぎに注意。

発芽適温:15~20℃前後

生育適温:5~25℃前後

利用方法:花壇、コンテナ、鉢、切り花、ドライフラワー

タネまき~植えつけ

酸性土壌を嫌う為、花壇など地植えの場合は、苗を植え付ける2週間ほど前までに、1㎡あたり100g程度の苦土石灰をまき、すき込みます。その1週間位後に腐葉土や完熟堆肥を1㎡当たり2~3kgと、30~50g程度の緩効性肥料をすき込んでおく、鉢やコンテナに植え付ける場合は市販の草花用培養土を利用すると良い。

種まき方法

 花壇や鉢など栽培するところにタネを直接まく直まきもできますが、一旦ポリポットなどで育苗し、ある程度育った苗を花壇などに植え付ける方法をお薦めします。いずれの場合もまき方の要領は同じです。

※寒冷地・高冷地など寒さの厳しい地方では春まきの方が無難です

育苗箱にタネ蒔き培土を詰める(市販の培養土を使うと便利)

☆ぽいんと 培養土は湿らせておく

(手のひらでギュっと握りしめるとある程度は固まり、そのかたまりを指先でつつくと簡単にほろりと崩れる位の湿り気を持った状態が良い。)




育苗ポットの八分目位まで培養土を入れる


土の表面にスターチスの種を、3~5粒等間隔に置く


タネを2~3mm位の深さまでタネを指で押し込む


まき穴のフチの土をつまむような要領で、タネが隠れる程度に薄く2㎜程度土をかぶせる


土とタネが密着するように、手のひらなどで上から軽くおさえつける


タネまき当日は、霧吹きで表面を濡らす程度とし、日陰に置く。

翌日ジョウロなどでやさしく水やりします。(水のやり過ぎによる過湿に注意)

発芽適温は15~20℃前後。7~10日程で発芽


間引き・植え付け

本葉が1~2枚になった頃、7.5cm(2.5号)程のポリポットに植え替え。


本葉が5~6枚になったころ、日当たりと水はけのよい場所に、花壇など地植えでは約25~30cm間隔で、6号(直径18cm程)鉢に1株を目安に植えつけます。

※過湿を嫌うので、乾き気味に管理します。風通しを良くし、過湿にならないよう注意する。

※耐寒性が弱いいため、冬季は霜よけや敷きわらなどの防寒対策をしてください。