大玉スイカの育て方(1例)

ウリ科

発芽地温25℃~30

生育適温20℃~30℃

注意点

・発芽適温が25以上と高いので、タネまきは十分暖かくなってから。温度の低い時期からまく場合は、加温

保温など高い温度を保つ工夫が必要。

・連作を嫌うので4~5年くらいウリ科の作物を栽培していない場所で栽培します。

・スイカの原産地は南アフリカの砂漠周辺地域と言われており、高温乾燥を好みます。日当たり良く、水はけの良い場所が適しています。

畑の準備

苗植え付けの2週間以上前に1㎡当たり100~150gの苦土石灰を全面に散布して耕して土と混和させます。

苦土石灰の代わりにカキ殻石灰(有機質石灰)を使用してもよいでしょう。

(効果が穏やかで多少多めに施してしまっても作物への悪影響が少ない。)



苗植え付けの1週間位前までに、完熟たい肥を1㎡あたり2~3kg、チッソ・リン酸・カリの各成分をそれぞれ8~10%含む化成肥料を1㎡あたり100~150g程度を全面に施してよく耕す。





70~80cm幅の畝を作ります。

※つるを伸ばしたい方向にマルチの端から少なくとも2m位はつるを伸ばす場所を確保しておきます。


ウネ幅で、目印となる紐を張り、紐の両側からクワなどで土を寄せ上げる。

※水はけの悪い畑はウネを高くする。


表面を平らにならす



マルチフィルムを張る。


※マルチフィルムは必ずしも必要はありませんが、利用することにより、雑草の防止、土壌水分の保持、雨水の跳ね上がり防止による病気感染の予防などの効果が期待できます。

マルチフィルムを張る時は土が十分湿った状態の時が良い。(出来れば雨が降った翌日)

※農業用マルチフィルムの主な種類と効果 :目的によって使い分けます。

・透明マルチ:地温確保効果は最も高いが雑草抑制効果はない。

・黒色マルチ:地温確保、雑草抑制。

・シルバーストライプ黒色マルチ:地温確保、アブラムシやアザミウマなど害虫の飛来抑制

・シルバーマルチ:地温上昇を抑制、アブラムシやアザミウマなど害虫の飛来抑制

・白黒マルチ:地温上昇を抑制、雑草抑制

タネまき(育苗)

発芽温度が25~30と比較的高いので、ビニールポットなどで苗を育て、畑に苗を植える方法が一般的です。

地温が低いと発芽が悪くなります。タネまきから発芽まで最低25以上の温度を保つ工夫が必要、タネまきは藤の花の満開以降が温度管理しやすい。

・育苗箱に市販の育苗培土を詰める


・約10cm間隔でまき溝をつくり、4~5cm間隔でタネをまきます。




・まき溝のふちの土をつまみ寄せるような要領で土を被せる


・土とタネが密着するように手のひらや木片などで上から押さえつける。




本葉1枚頃、4号ポット(ポットの直径約12cm)に移植する


・本葉4~5枚くらいまで育苗。15℃以下にならないように注意。育苗中に肥料が切れることの無いように規定倍より薄めの液体肥料を定期的に施すと良いでしょう。


植え付け

1.苗の植え付けを行う当日の朝に苗に水をたっぷりやっておきます。
2.植え穴をあける

株間1m程を目安に、移植ゴテなどを使って、根鉢がすっぽり入るくらいの穴を根鉢の大きさに合わせて掘ります。

※根鉢とは:苗が育ってくるとポットの中では、根が土を抱えるようにしっかりと張ります。このような苗をポットからそっと抜くと、土と根がひと塊になってポットと同じ形で抜けてきます。これを根鉢といいます。



3.植え穴に水を注ぐ

開けた植え穴に水をたっぷり注ぎ入れ、水がひくまで待ちます。


4.根鉢を崩さないように苗をポットから取り出す。

苗の根元近くを人指し指と中指で挟んで逆さにし、ポットの底を軽く押すと簡単に取り出すことができます。

根鉢は崩さないように注意しましょう。


5.苗を植える

根鉢の肩が地面より少し高くなるくらいに植穴の深さを調節してから苗を植え穴に入れる。


まわりの土を寄せて、根鉢の上にわずかに土がかかり、根元が少し盛り上がるように植えつけ、

根元を軽く押さえ土を落ち着かせる。


※植え付け後は水遣りを控えます。

水ひかえることで、根は水分を求めて深く伸びようとするからです。

定植初期の温度が低い時期には保温キャップ(ほっとキャップ)などを使用し寒さから苗を保護します。

摘芯・仕立て方

スイカの仕立て方は様々ですが、家庭菜園で大玉スイカの栽培では子つる4本仕立て2果採りが適当かと思います。


 親ズルの本葉5~6枚を残してその先を摘芯


子つるが発生したら勢いの良い子つる4本を残し、他の子つるは摘み取ります。

つるが伸びてきたら伸ばしたい方向に誘引し、泥はねや雑草、土の乾燥防止の為ワラや防草シートなどを敷く。


人工授粉

栽培株数が少ない場合やミツバチなどの昆虫が活発に活動してない時期などは人工的に雄花の花粉を雌花に授粉させてやると着果が確実になります。

子つるの15~22節目に咲いた雌花に人工授粉します。午前9時頃までに当日咲いた雌花のめしべに雄花の花粉をなすりつけます。

人工授粉が済んだら、実施した月日を書いたラベルを立てておくと収穫適期の目安になります。


果実がたまご位の大になり着実が確認できたら、子つる2本につき1果、形の良いものを残して摘果して1株で計2果着けるようにします。


追肥

1株2果に摘果した後、1株当たり化成肥料30~50gをつる先に追肥します。

収穫

収穫適期は受粉日から45~50日前後くらいが目安となります。

また、果実の肩が張って光沢が増してくる。巻きひげが枯れてくる。など見た目での変化でも収穫の見当を付ける事も出来ますが試しどりして食べてみればより確実です。