黄金まくわうりの育て方(1例)

地植え栽培

ウリ科

発芽地温25~30

生育適温18~30

注意点

・暑さには強いが低温に弱いため、気温が十分に上がってから栽培する。

・つる割れ病、半身萎凋病などを回避するためにウリ科の連作は避ける。

畑の準備

苗植え付け、又はタネまきの2週間以上前に1㎡当たり100~150g程の苦土石灰を全面に散布して耕して土とよく混和させます。

苦土石灰の代わりにカキ殻石灰(有機質石灰)を使用してもよいでしょう。(効果が穏やかで多少多めに施してしまっても作物への影響が少ない。)


苦土石灰を1㎡あたり100~150g程施し、耕して土と混和させる。

 

 

苗植え付け又はタネまきの1週間位前までに、完熟たい肥を1㎡あたり2~3kg、チッソ・リン酸・カリの各成分をそれぞれ8~10%含む化成肥料を1㎡あたり100~150g程度を全面に施してよく耕し、隣のウネとは2m位離して70~80cm幅の畝を作ります。

 

ウネ幅で、目印となる紐を張り、紐の両側からクワなどで土を寄せ上げる。

※水はけの悪い圃場はウネを高くする。


 

表面を平らにならす



必要に応じて黒ポリマルチを張る。


※黒ポリマルチは必ずしも必要はありませんが、利用することにより、雑草の防止、土壌水分の保持、雨水の跳ね上がり防止による病気感染の予防などの効果が期待できます。黒ポリマルチを張る時は土が十分湿った状態の時が良い。(出来れば雨が降った翌日)

 

タネまき(育苗) ※6月以降なら直まきもできる

・育苗箱に市販の種まき用培養土を詰める


・各ポットに1粒ずつタネをのせる


・約1cmの深さまでタネを押し込む(人差し指の爪が隠れるくらい)



・まき穴の周りの土をつまむような要領で土を寄せ土を被せる


 

・土とタネが密着するように上からかるく押さえつける。


 

・本葉2~3枚まで育苗


 



植え付け

1苗の植え付けを行う当日の朝に苗に水をやっておきます。

バケツなど適当な容器に水を張ります。

ポリポット苗をポットごと水に沈め、ポットの中の空気がブクブクと抜けるまで浸します。

バケツから取り出し、日陰で2~3時間放置しておく。

 

2植え穴をあける

約90cm間隔で、移植ゴテなどを使って、根鉢が入るくらいの穴を掘ります。

 

※根鉢とは:苗が育ってくるとポットの中では土を抱えるように根がしっかりと張ります。このような苗をポットから抜くと、土と根がひと塊になって抜けてきます。これを根鉢といいます。

 

根鉢


 

 

 

 

 


3植え穴に水を注ぐ

開けた植え穴に水をたっぷり入れ、水がひくまで待ちます。


 

4根鉢を崩さないように苗をポットから取り出す

苗の根元近くを人指し指と中指で挟んで逆さにし、ポットの底の側面を軽く押すと簡単に取り出すことができます。根鉢は崩さないように注意しましょう。



5苗を植える

苗を植え穴に置いたら、根鉢と周りの土を密着させるように土を寄せ、株元が少し盛り上がる程度の深さになるように植え付けます。極端な深植え、浅植えにならないように注意し、土を被せて軽く押さえます。


 


 


 


※植え付け後は水遣りを控えます。

水をやらないことで、根は水分を求めて深く伸びようとするからです。

 

 

※植え付け後、アブラムシが大量発生することがあるので、要注意。

よく観察して早めの発見、早めの防除に努める。

 

しきワラ

ワラなどが入手可能ならば、株元にワラをしく

土の乾燥防止と、雨などによる泥の跳ね上がりを防ぐ。


 

摘心

本葉5~7枚を残してつるの先端を摘み取ります。


 

その後数日すると葉の付け根から芽が伸びてきますこの芽を子ずると呼びます。

元気のよい子づるを4本残し、他の子ずるはかき取ります。

残した子づるの各節から発生するツルを孫づると呼びます。

果実になる雌花は孫づるに着きます。


 

収穫

果実表面の毛がなくなり果実につやが出てきてきたら収穫適期。順次収穫します。