トウモロコシ(スイートコーン)の育て方・栽培方法

・地植え

・イネ科

・発芽適温20~30

・生育適温20~30

・温暖な気候と日当たりを好む

ポイント

実の入りをよくするには、10株以上を2列で栽培し花粉がかかりやすい状態にします。

違う品種が近くにあると、違う品種の花粉が飛んできて受粉してしまう為、実の色が本来の色と違う色になってしまう事があります(キセニア現象と呼びます)黄色種と黄色種の場合は気になりませんが、白色種と黄色種を近くで栽培すると、白色粒に黄色粒が混ざったものになります。

特にデントコーンやポップコーンを近くで栽培する場合は実の色ばかりではなく食味も悪くなるので注意が必要です。

・畑の準備

タネまきの2週間以上前に1㎡あたり100~150gの苦土石灰を全面に散布して耕して土と混和させます。

苦土石灰の代わりにカキ殻石灰(有機質石灰)を使用してもよいでしょう。(効果が穏やかで多少多めに施してしまっても作物への影響が少ない。)


1㎡あたり100g施すとこんな程度。この後、耕して土と混和させます。




タネまきの1週間位前に完熟たい肥を1㎡あたり2~3kg、チッソ・リン酸・カリの各成分をそれぞれ8~10%含む化成肥料を1㎡あたり100~150g施してよく耕し、70~80cm幅の畝を作ります。

地温が十分ではない時期のタネまきは、ポリフィルムで畝全体にマルチをする方が発芽は良くそろいます。

ポリフィルムマルチは、地温を確保するばかりではなく、雑草の防止、土壌水分の保持などの効果もあります。ポリフィルムマルチを張る時は土が十分湿った状態の時が良い。(出来れば雨が降った翌日)

・タネまき

地温が14以下では発芽が悪くなります十分暖かくなったからまきます。露地直まき栽培では藤の花の開花を種まき時期の目安にすると良いでしょう。(藤の花の開花頃から2か月間位が露地直まき栽培でのタネまき適期となります)

株間約30cm、条間約45~50cmの2条まきとします。


植え穴を作るにはペットボトルが便利。ペットボトルを押しつけて植え穴を作ります。

  

まく位置に2~3粒のタネを約2cm間隔で置く

  

深さ2~3cm(人差し指の第一関節くらい)までタネを押し込む

  

土をかぶせたら土とタネが密着するように上からかるく押さえつけます。


適期のタネまきで発芽まで5~7日


・間引き

不発芽で欠株がある場合、本葉2枚位までの若いうちに発芽が揃っている所から根を傷めないように掘り上げ補植する。

  

本葉が3~4枚頃1ヶ所1本に間引く、間引きは残す株の根を傷めないように

間引き残す株の根を痛めないようにカサミで根元から切り取ります。

 

◎追肥

1回目2回目とも チッソ・リン酸・カリの各成分をそれぞれ8~10%含む化成肥料を1㎡当たり約50g施す

1回目 本葉5~6枚の頃      2回目 雄穂が見え始める頃


◎人工授粉

栽培株数が少ない場合は実の入りをより良くするために人工授粉を行います。

雄穂を切り取り、雌花(絹糸)をたたくようにして花粉を付け受粉させる。

   

トウモロコシは同じ株の花粉では受粉しにくい為、隣の株の花粉を順繰りにつけて行く


◎収穫

開花受粉後20~25日頃が適期、絹糸が褐色に変わった頃、先端をむいて実の入り具合を確認し収穫する。気温が上がる前の早朝に収穫しすぐに食べるのが一番。