ツルムラサキの育て方 (一例)

分類:ツルムラサキ科

発芽適温:25~30前後

生育適温:20~30前後

注意点

・高温を好み寒さに弱いので、十分に暖かくなってから栽培する

・日あたりの良い場所で栽培する

畑の準備

タネまきの2週間以上前に1㎡当たり100~150gの苦土石灰を全面に散布してよく耕して土と混和させます。

苦土石灰の代わりにカキ殻石灰(有機質石灰)を使用してもよいでしょう。(効果が穏やかで多少多めに施してしまっても作物への影響が少ない。)


1週間位前に、60~70cm幅に、ウネの目印となる紐を張り、完熟たい肥を1㎡あたり2~3kg、チッソ・リン酸・カリの各成分をそれぞれ8~10%含む化成肥料を1㎡あたり約100~150g施してよく耕します。




紐の両側からクワなどで土を寄せ上げる。

※水はけの悪い圃場はウネを高くする。


表面を平らにならす


必要に応じてポリマルチを張る。


※ポリマルチは必ずしも必要はありませんが、利用することにより、雑草の防止、土壌水分の保持、雨水の跳ね上がり防止による病気感染の予防などの効果が期待できます。ポリマルチを張る時は土が十分湿った状態の時が良い。(出来れば雨が降った翌日)

支柱立て

つる性で生育旺盛な植物の為、支柱を立ててつるを誘引します

キュウリネットなどを利用すると良いでしょう


タネまき 「直まき」、「ポット育苗」どちらの方法でもよい

(直まき)

ウネの中央に瓶の底などを利用し30~40cm間隔で、深さ1cm程ののまき穴を1条作ります。1つのまき穴に3~5粒タネをまきます。

★ポイント1 土壌水分が大事、土が乾燥していると発芽が悪くなる。

タネまきの前日にウネに水をかけ土になじませておく。

★ポイント2 タネと土を密着させる。

土をかけたら上から押さえつけてタネと土を密着させる。

(育苗)

ポットに市販の培養土を詰める


ポットにつき4粒のタネを等間隔で置く


1cm位の深さ(第一関節の半分くらいの深さ)までタネを土に押し込む


穴の周りの土をつまむような要領で土を寄せてタネを埋める


上から押さえてタネと土を密着させる


適温で10~14日で発芽します。


間引き

間引きは1度に行わず2回に分けて少しずつ株間を広げるようにします。

1回目は本葉1~2枚の頃1ヶ所に2本ずつ残す

2回目は本葉4~5枚の頃1本残して間引きます。

植え付け(ポット育苗の場合)

外気温が十分暖かくなってから植え付けます。


追肥

通常必要ないが、生育の様子で必要な場合は、最終間引きの後追肥します。

化成肥料(8-8-8)を1㎡あたり20~30g程度。株間か条間に施し、株元に軽く土寄せを行う。

気温が上がり、生育が盛んになったら1月に1~2回位必要に応じて同様の追肥を施す。


摘心

草丈が20~30cmになったら、下葉を5~6枚残して先端の芽を摘み取り、側枝の発生を促します。


収穫

草丈が1m程になった頃から収穫できます。


側枝の先端から15cm程を摘み取り収穫します。