小松菜栽培方法(1例)

アブラナ科

発芽地温15~25

生育適温15~25

プランター栽培も可能

畑の準備

タネまきの2週間以上前に1㎡当たり100gほどの苦土石灰を全面に散布して耕して土と混和させます。

苦土石灰の代わりにカキ殻石灰(有機質石灰)を使用してもよいでしょう。

(効果が穏やかで多少多めに施してしまっても作物への影響が少ない。)


苦土石灰を1㎡あたり100g~150gを施し、耕して土と混和させる。

タネまきの1週間位前までに、完熟たい肥を1㎡あたり2kg程度、チッソ・リン酸・カリの各成分をそれぞれ8~10%含む化成肥料を1㎡あたり100g程度を全面に施してよく耕し、約60~70cm幅の畝を作ります。

60~70cm幅に、目印となる紐を張り、紐の両側からクワなどで土を寄せ上げる。

※水はけの悪い圃場はウネを高くする。


表面を平らにならす



目的に応じてポリマルチを張る。


※マルチフィルムは必ずしも必要はありませんが、利用することにより、雑草の防止、土壌水分の保持、雨水の跳ね上がり防止による病気感染の予防などの効果が期待できます。マルチフィルムを張る時は土が十分湿った状態の時が良い。(出来れば雨が降った翌日)

※農業用マルチフィルムの主な種類と効果 :目的によって使い分けます。

・透明マルチ:地温確保効果は最も高いが雑草抑制効果はない。

・黒色マルチ:地温確保、雑草抑制。

・シルバーストライプ黒色マルチ:地温確保、アブラムシやアザミウマなど害虫の飛来抑制

・シルバーマルチ:地温上昇を抑制、アブラムシやアザミウマなど害虫の飛来抑制

・白黒マルチ:地温上昇を抑制、雑草抑制

タネまき

たねまきの前日、ウネにたっぷりと水をかけて土を湿らせておきます。

支柱などの棒を土に押し付けて深さ0.5cm程のまき溝をつける。(条間15~20cm)


マルチフイルム使用の場合は条間15cm程、株間10cm程の間隔でまき穴を開ける


タネを1~2cm間隔にまく。(マルチフィルム使用の場合はまき穴に4~5粒まく。)


0.5~1cmほど土を被せたら、土とタネが密着するように上からかるく押さえつける。



※土が湿った状態なら水やりは行わないようにして下さい。過湿状態になるとタネが腐ってしまい発芽不良の原因となりますので注意して下さい。

間引き

タネまき後3~5日で発芽。子葉の形などが悪いものを間引く。


本葉1~2枚の頃2~3株に間引く

(マルチ無し、すじまきの場合は間引いて 株間3~4cm程とする)


本葉3~5枚で1株に間引く。

(マルチ無し、すじまきの場合は間引いて 株間5~10cm程とする

 ※暑い時期は株間を広めにとって風通しを良くする


追肥

通常必要ないが、生育の様子で必要な場合は、最終間引きの後追肥します。

化成肥料(8-8-8)を1㎡あたり50g程度。株間か条間に施し、株元に軽く土寄せを行う。

収穫

高温期は20~30日後、低温期は40~60日後、草丈が15~20cm程になったら収穫します。

収穫が遅れて、大きく育ちすぎると葉がかたくなり食味が落ちてしまいます。

生長が早いので1度にタネをたくさんまくと収穫しきれなくなってしまいます。

10日程の間隔で少量ずつまくと収穫適期のものを次々と収穫できます。


プランター栽培

◎準備するもの

栽培容器(ここでは 約25cm×11.5cm、深さ約10cm、容量約2.6リットルのミニプランターを使用します )

培養土(市販のプランター用培養土を使うと便利)

◎土を詰める

ポイント 培養土は湿らせておく

(手のひらでギュっと握りしめるとある程度は固まり、そのかたまりを指先でつつくと簡単にほろりと崩れる位の湿り気を持った状態の培養土が良い。)


プランターに用土を詰める

・用土はプランターの縁から1~2cmくらい下まで入れる。

※用土の表面からプランターの縁までの空間をウォータースペース(水しろ)と呼び、このスペースがないと水やりの際に、水と一緒に用土が流れ出てしまう。

・用土を入れた後、表面をならして平らにする。


タネまき

・土の表面に割り箸など棒状の物を押し付け、5cm程の間隔で深さ5mmほどの浅いまき溝を2本つける。


・まき溝にそって、1cm程の間隔でタネをまく


・まき溝の縁の用土をつまみよせて5mmくらい薄く土を被せる。


・土の表面を手のひらや木片などで軽くおさえてタネを用土に密着させる。


・タネまきの当日は水はやらず、直射日光の当たらない場所に置いておく。

 タネまきの翌日、日当たりのよい場所に移して水をやる。


水やりのポイント:用土表面が乾くまではやらない事。表面が乾いたらたっぷりと与える。

水のやり過ぎで根腐れをおこし、ひどい場合には枯死する事もある。

間引き・追肥

・子葉が開いたら、葉の形が悪いもの、他と比べて小さいもの、大きすぎるものなどを間引き3~4cm間隔にする。


追肥

チッソ・リン酸・カリの各成分をそれぞれ8~10%含む化成肥料を3~5g施す。

又は、液体肥料を使用方法に従って適切な倍率で薄め、1週間~10日に1回程度水やりをかねて施す。


収穫

・タネまきから、高温期は20~30日後、低温期は40~60日後、草丈が15cm位になったら収穫する。