かいわれ大根は、ご家庭で身の回りにあるものを利用し1週間~10日程(適温20~25℃のとき)で肥料は与えずに水やりだけで栽培できるお手軽野菜。

 

準備するもの

・タネ

・栽培容器 ここではプラスチックカップを使用しますが、紙コップ・マグカップや食品の空き容器などでも可。但し、カビ等の発生防止の為、使用前に良く洗っておく。

・脱脂綿(キッチンペーパー・薄いスポンジなどでも可)

・霧吹き

・段ボール箱(光を遮るのが目的、アルミホイルなどでも可)

・茶こし(水を切るのが目的、ザルなどでも可)


 

タネを水に浸ける

 栽培に使用する水はすべて水道水を使用すること。(カビなどの予防の為)

タネの4~5倍量の水に4~5時間浸ける

 

 

容器の準備

脱脂綿を容器の底の大きさに合わせて切る。

 脱脂綿は必ず清潔なものを使用


容器の底に脱脂綿を敷き、霧吹きで湿らせる(脱脂綿の表面に水が浮く位)

 

 

タネをまく 

浸しておいたタネの水を切る

 

 

タネが重ならないように脱脂綿全面に均一にまく。

タネが重なってしまった場合は、箸などで均一にならす。


 

段ボール箱に入れフタをして遮光する(容器をアルミホイルで覆っても良い。)

 

ポイント 光を遮って発芽、伸長させる。

暖かい所に置いて管理する(気温15℃程度以上が理想。ここでは20℃以上で管理)

1日に1回は霧吹きで水を与える。

 

2日目


3日目


4日目


 

5日目


 

茎が5cm位伸びたら箱から出して室内の明るい場所で育てます。

 急に直射日光に当てると茎がしぼんでしまう事があるので、直射日光の当らない明るい窓辺などが良い。


6日目


 

収穫

緑が濃くなり子葉が開いたら収穫適期。

根を切り落とし、水道水でタネの皮などきれいに洗い落してから使います。


気温が低い所での栽培は、栽培適温(20~25℃)で栽培した時よりも栽培期間が長くなる。

いろいろな容器で栽培してみました


底面よりも口が広い容器の方が栽培しやすい