初夏ほうれん草の育て方(1例)

 

アカザ科

発芽適温15~20

生育適温10~25

プランター栽培も可能

注意点

・過湿に弱いので水はけの良い場所を選ぶ

・酸性土壌に弱いので、作付前に石灰を施し土と馴染むようによく耕しておく。


畑の準備

タネまきの2週間以上前に1㎡当たり150g~200gほどの苦土石灰を全面に散布して耕して土と混和させます。

苦土石灰の代わりにカキ殻石灰(有機質石灰)を使用してもよいでしょう。(効果が穏やかで多少多めに施してしまっても作物への影響が少ない。)


 

タネまきの1週間位前までに、完熟たい肥を1㎡あたり2kg~3kg、チッソ・リン酸・カリの各成分をそれぞれ8~10%含む化成肥料を1㎡あたり100g程度を全面に施してよく耕し、約60~70cm幅の畝を作ります。

 

60~70cm幅に、目印となる紐を張り、紐の両側からクワなどで土を寄せ上げる。

※水はけの悪い圃場はウネを高くする。


 

表面を平らにならす


 


 

目的に応じてマルチフィルムを張る。


 

※マルチフィルムは必ずしも必要はありませんが、利用することにより、雑草の防止、土壌水分の保持、雨水の跳ね上がり防止による病気感染の予防などの効果が期待できます。マルチフィルムを張る時は土が十分湿った状態の時が良い。(出来れば雨が降った翌日)

 

※農業用マルチフィルムの主な種類と効果 :目的によって使い分けます。

・透明マルチ:地温確保効果は最も高いが雑草抑制効果はない。

・黒色マルチ:地温確保、雑草抑制。

・シルバーストライプ黒色マルチ:地温確保、アブラムシやアザミウマなど害虫の飛来抑制

・シルバーマルチ:地温上昇を抑制、アブラムシやアザミウマなど害虫の飛来抑制

・白黒マルチ:地温上昇を抑制、雑草抑制

・有孔マルチ:あらかじめ植え穴があいているマルチフィルム(条数や植穴の間隔、穴の大きさなど様々な規格のものがあり栽培する野菜の種類によって使い分ける事が出来る。)

 

タネまき

たねまきの前日、ウネにたっぷりと水をかけて土を湿らせておきます。

支柱などの棒を土に押し付けて深さ1cm程のまき溝をつける。(条間15~20cm)


マルチフイルム使用の場合は条間15cm程、株間10cm程の間隔でまき穴を開ける(タマネギ用有孔マルチを利用してもよい)


 

タネを1~2cm間隔にまく。(マルチフィルム使用の場合はまき穴に4~5粒まく。)


 


 

まき溝のふちの土をつまみ寄せる要領で1cmほど土を被せ、土とタネが密着するように上から押さえつける。


 


 


 


 

※土が湿った状態なら水やりは行わないようにして下さい。過湿状態になるとタネが腐ってしまい発芽不良の原因となりますので注意して下さい。

 

間引き

本葉1枚~2枚頃2~3cm間隔に間引く。(マルチフィルム使用の場合は1ヶ所2本残す。)


 


 

ベビーリーフとして収穫しながら随時間引き本葉5枚~6枚頃に最終株間10~15cmとする。


 

追肥

通常必要ないが、生育の様子で必要な場合は、最終間引きの後追肥します。

化成肥料(8-8-8)を1㎡あたり30g~50g程度。株間か条間に施し、株元に軽く土寄せを行う。

 

収穫

草丈が20cm程になったら収穫します。


 

プランター栽培

◎準備するもの

栽培容器(ここでは 約25cm×11.5cm、深さ約10cm、容量約2.6リットルのミニプランターを使用します )

培養土(市販のプランター用培養土を使うと便利)

 

◎土を詰める

ポイント 培養土は湿らせておく

(手のひらでギュっと握りしめるとある程度は固まり、そのかたまりを指先でつつくと簡単にほろりと崩れる位の湿り気を持った状態の培養土が良い。)


 


 


 

プランターに用土を詰める

・用土はプランターの縁から1~2cmくらいあけて用土を詰める

※用土の表面からプランターの縁までの空間をウォータースペース(水しろ)と呼び、このスペースがないと水やりの際に、水と一緒に用土が流れ出てしまう。

・用土を入れた後、表面をならして平らにする。


 

タネをまく

用土に棒などを押し付けて、5cmほどの間隔で深さ0.5cmほどのまき溝を2本作る


 

タネを約1cm間隔でまく


 

蒔き溝の周りの土をつまみ寄せて0.5~1cm程の深さで土をかける


 

ポイント タネと土を密着させるように木片などで押さえる


 

タネまき後は霧吹きで土の表面を湿らせる。


 

タネまきの翌日ジョウロでたっぷり水をやる。


 

 

適温で管理した場合発芽まで5~8日

ほうれん草の子葉


 

ポイント 水の与えすぎは禁物。

水を与えすぎると、タネが腐って発芽しなかったり、せっかく発芽しても根腐れを起こしてしまいます。水やりは土の表面が乾いたら行う。

 

間引き

発芽が揃ったら、2~4cm間隔で間引く


 

草丈10cmの頃、収穫をかねて2回目の間引きを行う。


 

追肥

間引きの後、葉の色が淡くなって来たら追肥を施す

化成肥料8-8-8を2~3g程度(培養土1リットルに対して化成肥料 約1gが目安)

※ 液体肥料を使用する場合は、1週間に1回程度の頻度で水やりをかねて施すと良い。

 

収穫

草丈15~20cm位になったら収穫適期。

株元をハサミで切り取り必要な分だけ順次収穫します