ゴーヤーの作り方(1例)

・種まき前の準備

・畑の準備

苗植え付け、又はタネまきの2週間以上前に1㎡当たり100~150g程の苦土石灰を全面に散布して耕して土とよく混和させます。

苦土石灰の代わりにカキ殻石灰(有機質石灰)を使用してもよいでしょう。

(効果が穏やかで多少多めに施してしまっても作物への影響が少ない。)


苦土石灰を1㎡あたり100~150g程施し、耕して土と混和させる。

苗植え付け又はタネまきの1週間位前までに、完熟たい肥を1㎡あたり2~3kg、チッソ・リン酸・カリの各成分をそれぞれ8~10%含む化成肥料を1㎡あたり100~150g程度を全面に施してよく耕し、隣のウネとは2m位離して70~80cm幅の畝を作ります。

ウネ幅で、目印となる紐を張り、紐の両側からクワなどで土を寄せ上げる。

※水はけの悪い圃場はウネを高くする。


表面を平らにならす



黒ポリマルチを張る。


予め、胡瓜ネットを利用した棚を作っておくと誘引の手間が省けます。


・実が付き始めると過重がかなりあるため棚は出来るだけ頑強につくるようにしましょう。

・育苗,植え付け

・管理,収穫

・定植後本葉5~6枚の頃に摘芯を行います。

・その後、伸びてきた子蔓3~4本をネットに絡んでいくようにします。

・孫蔓が沢山出てきて込み合っているようならば適宜取り除くようにします。

・株を長持ちさせるため様子を見ながら月2回程度追肥をするようにします。

・実がつき始めてきたときに晴天続きとなり畑が過度に乾燥しているようであれば適宜水やりを行います。