メモリーズフラワー タネの蒔き方

用意するもの


  1. プランター・・・幅65cm×奥行き20cm×深さ20cm位の標準サイズのもの

(ここでは標準サイズのプランターを使用しますが、様々なサイズや素材のものがございますので、お好みに合わせてお選び下さい)

②園芸用鉢底ネット・・・プランターや鉢の底穴に合わせてカットして利用できるシートタイプがおすすめ

(プランターの底面に既にネットやすのこなどがある場合は必要ありません)

鉢底石

ネット袋(キッチンの排水口用のネットなど)鉢底石を入れて使用します。

※鉢底石はバラで使用しても差し支えありませんが、ネット袋に入っていると片付けの時に楽です。

プランターの土・・・草花用培養土、花と野菜の培養土など

移植コテ

⑦ペットボトルのフタ(なくても良いがあると便利)

⑧メモリーズフラワーのタネ

じょうろ

プランターの土入れ

1.底穴の開いているタイプのプランターの場合は鉢底ネットを敷いてください。底面にネットやスノコなどがあるタイプのプランターは必要ありません。

2.鉢底石をネット袋に入れ、プランターの底が見えない程度に薄く敷く。(鉢底石はバラで使用しても差し支え有りません)


3.鉢底石上から培養土をいれる。土は縁まですりきりいっぱい入れず、下に2~3cmほど空間を空けておきます。水をかけたときに溢れないようにする為の空間でウォータースペースと言います。


 

タネまき

1.等間隔で三カ所にペットボトルのキャップを培養土の表面に押し付けまき穴を付ける。

.まき穴にタネを4粒ずつまく

3.まき穴の周りから土を寄せ集める要領で土を被せる(深さはタネの厚さの三倍くらい)

4.タネと土が密着するように上から押さえつける。

5.タネや土が流れないように表面に水がたまらない程度の量と強さで水をたっぷりと与えます。

(プランターの底から水が流れ出るくらい)


ポイント

〇水やりは毎日行う必要はありません。天気などによって環境が変わりますので様子を見ながら土の表面がうっすらと乾いたらたっぷりと水を与えます。

 

間引き


〇双葉が展開する頃、生育の早すぎるもの、生育の遅いもの、葉に傷の有る物などを優先的に根元から切り除き、一ヶ所一本に間引きます。