畑の準備

苗植え付けの2週間以上前に1㎡当たり100~150gの苦土石灰を全面に散布して耕して土と混和させます。

苦土石灰の代わりにカキ殻石灰(有機質石灰)を使用してもよいでしょう。(効果が穏やかで多少多めに施してしまっても作物への影響が少ない。)



1週間位前に完熟たい肥を1㎡あたり2~3kg、チッソ・リン酸・カリの各成分をそれぞれ8~10%含む化成肥料を1㎡あたり50g程度施してよく耕し、60~80cm幅のウネを作ります。




60~80cm幅に、目印となる紐を張り、紐の両側からクワなどで土を寄せ上げる。

※水はけの悪い圃場はウネを高くする。



表面を平らにならす


必要、目的に応じてポリマルチを張る。


※ポリマルチは必ずしも必要はありませんが、利用することにより、雑草の防止、土壌水分の保持、雨水の跳ね上がり防止による病気感染の予防などの効果が期待できます。ポリマルチを張る時は土が十分湿った状態の時が良い。(出来れば雨が降った翌日)