しば部長の菜園作り豆知識
用途に合わせた「3つのタネの蒔き方」。
写真はプランターに大根のテンまき
写真はプランターに大根のテンまき

①点まき

一定の間隔で蒔き穴を作り、1ヵ所に数粒ずつまきつける方法で、「使用するタネが少なくてよい」、「間引き作業が楽」などの利点があります。とうもろこし・豆類・だいこん等タネが比較的大きく1株が大きく育つ野菜に向いたまき方です。

②すじまき(条まき)

ウネに沿って線状にまきつける方法で、発芽したら順次間引き適当な株間を取ります。間引く手間はかかりますが、「間引き菜をおおいに利用できる利点」があります。ほうれん草・小松菜・みず菜・しゅんぎく等の葉菜類、二十日大根等の小型の根菜類を栽培する時に適したまき方です。

板などで「まき溝」を作ります
① 板などで「まき溝」を作ります。
一定の間隔でまき溝にタネを蒔きます
② 一定の間隔でまき溝にタネを蒔きます。
バラまき法で蒔いたタネ(赤く見えるのがタネ)
バラまき法で蒔いたタネ(赤く見えるのがタネ)

③バラまき

まき床全面に、種が重ならない程度にばらまく方法で、密植して育てたいベビーリーフやサラダミックス等の1株が小さいうちに収穫する作物に適したまき方です。

処理していない大根のタネ。草木灰をまぶして色を付けた大根のタネ

最近は「色が付いたタネ」もあります!

タネをまく時、土の色と種の色が良く似ている為に、油断すると、どのくらいの密度でどこまで蒔いたか見失ってしまうことがあります。そのような場合タネに草木灰をまぶしてまいています。(最近は、タネに着色処理を施して、タネをまいた時に見分けやすいように加工されたものも多く見受けられるようになって来ました)

タネをまき終わったら。

何れの方法でもタネをまき終わったら、タネが隠れる程度に土をかけ(覆土)上からしっかり押さえて、土とタネを密着させ(密着させることによって、土に含まれている水分がタネに移行しやすくなり、発芽しやすくなる事が期待できます)タネが流れないように注意しながらやさしく水を与えます。

タネが隠れるように土をかけ、上からしっかり押さえます
タネが隠れるように土をかけ、上からしっかり押さえます
タネが流れないように、やさしく水を与えます
タネが流れないように、やさしく水を与えます。
防虫ネットで簡単防虫対策
防虫ネットで簡単防虫対策!

水やりが終わったら、防虫対策として、ホームセンターなどで市販されている防虫ネットをかけて置くと良いでしょう。

罫線

タネのまき方をご紹介いたしましたが、何れのまき方にも長所と短所があります。栽培する野菜によって、このまき方でなくてはならないという事は有りません。野菜の栽培方法に絶対は無いのです、様々な人が様々な地域で栽培してみてより楽に沢山収穫できる方法が一般的な栽培方法として伝えられていると思うのです。一人ひとりに個性があるように、一つ一つの菜園にそれぞれの個性があります、ですから栽培方法も一人ひとり違って当たり前です。まずは、周りの先輩方の方法を真似してみましょう。その上でオリジナルの栽培法を模索して行くのも菜園のひとつの楽しみ方ではないでしょうか。

自然と共にあゆむ ~自然観察から春の作付け適期を知りましょう~ ニサラダ人参(ピッコロ)の栽培 小松菜の栽培 ブロッコリースプラウトの栽培 秋胡瓜の習性について 春まき大根その後 ほうれん草の夏栽培と発芽の豆知識 景観用ひまわりの育て方 朝顔の種まき方法 インゲンのこと 春まき大根のその後 春まき大根栽培の注意点 「とう立ち」について 「冬の室内栽培」のポイント! その2 「冬の室内栽培」のポイント! その1 小さいタネを上手に蒔く工夫 用途に合わせた3つのタネの蒔き方